わたりの川日記

 おはようございます。わたりの川6日目、今日は朝から雨です。気温はそれほど冷え込んでないですが、どうも一日こんな天気のようですね。しか〜し、めげずに今日も一日在廊してお待ちしてますので、もしも気が向いたらお出掛けください。ゆっくりお話しできると思います。12時開廊〜19時までです。

 会場には、読売新聞に連載している「銀幕一刻」の切り抜き記事や、地平線通信イラストのスクラップなどいくつかスクラップ記事がありますので、そちらもご覧下さいね。

 

 

わたりの川日記

 こんばんは〜。後半初日無事終了しました。今日は高校時代の友人が飼い犬の散歩がてら寄ってくれました。ワンコは体重7〜8キロの猟犬(犬種を聞いたけど忘れてしまった)です。慣れない場所に何だか最初は戸惑って「早く帰ろー」という感じだったけど、しばらくするとギャラリーの中を探検してました。僕も小学校低学年から高校までは実家で犬を飼っていたので、実は犬好きです。結婚以来かみさんの影響でネコ飼いになってしまったけどね。僕の個展にいらっしゃる方は友人知人が多いのですが、個展会場で話をしてると、これまで知らなかった個人情報がふっと飛び出す事があって面白いのです。地平線仲間で謎のチャリダー(自転車乗り)オバラ君は、学生時代民族学を専攻しており、佐渡島で不思議な祭りの取材をしていたとか。居合わせたサチコさんのおじいちゃんが佐渡島の出身という事も分かりました。昔からの仕事仲間の編集者が、実はかつて漫画家を志していたと聞いてのけぞり、学生時代の後輩が文学の道に足を踏み入れてると聞いてこれまたびっくり。彼は地方の文学賞も受賞した事があるそうで、早速彼の作品をメールで送ってもらいました。個展が終わって一息ついたら読もう。

 文学といえば、今僕がハマっているのはアイスランドのミステリです。スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンのミレニアムシリーズに出会って以来、北欧の作家の作品はいろいろと読んでいたのですが、アイスランドの作品は初めて。たまたま図書館で見つけたその作家の名前はアーナルデュル・インドリダソンといいます。ミステリの体裁ですが、社会的背景がじっくり描かれていて、事件の展開だけでなく人の心理を追う面白さがあるように思います。人物名が長いので覚えにくいけど、翻訳者の柳沢由美子さんの訳が読みやすく、ストーリーを追うだけでなく一文一文をしっかり読ませます。最近は総じて翻訳の質が上がって来たような気がします(上から目線ですみませんが)。いずれにせよ、北欧作家に興味のある方は面白いかも。

 この作品とは全然関係ないけど、アイスランドには固有の馬種がいます。9世紀頃からヴァイキングの移住と共にヨーロッパから持ち込まれたそうです。しかしほとんど外部との行き来がないアイスランドでいわばガラパゴス化して特有の性質を獲得したとか。また数世紀に渡って混血もほとんどなかったため、古来の性質をそのまま伝えている貴重な種。現在は敢えて国外への持ち出しや混血を禁じて血統を守っているそうです。数年前にアイスランド映画「馬々と人間たち」でこの馬を見て以来、いつかアイスランドでこの馬に会いたいと思っています。

 個展と全然関係ない話になってしまいました。今日のラストは、大学時代の友人ハナオカと、地平線会議のタケダさんと三人で「ヒマラヤカリー」で一杯。「ヒマラヤカリー」は千駄ヶ谷駅と鳩森神社を結ぶ道を更に真っ直ぐ(南西に)進んだ先の信号の角。駅からおよそ10分くらいかな。古い住宅を改造した昭和なたたずまいのネパール料理店です。

 明日はちょっと天気が崩れるような予報ですが、終日在廊予定でお待ちしておりまする。

わたりの川日記

 おはようございます。10月21日木曜日です。寒い朝ですが天気は良さそうですね。今日の開廊は12時から19時まで。僕は終日在廊予定です。今日はどんな方にお会いできるか楽しみです。

 うちの庭には柿の木があるのですが、今年は本当に実なりが少ないです。柿は隔年というし、昨年はそれなりに生ったのでしょうがないのでしょうけど。イチョウもあるのですが、2018年にかなり強度に剪定してからはギンナンがあまりできなくなりました。それまでは毎年バケツ3杯くらい採れたんですけど。それで思い出しました。一昨日来廊してくれた整体師のカクショーさんによれば、このところの気候変動で人の体も今までとは違う反応を示す事がままあり、例えばこの季節ならこういう症状と言う見立てがわかりにくくなったとか。今年は秋がすごく短く、夏からいきなり冬に移行した印象です。冒頭の話とはあまり関係ないですが、こうなると植物や動物も同じようにいろいろと影響を受けるのは当然ですよね〜。気候変動の原因がCO2だけなのかどうかわかりませんが、温暖化対策待った無しという事実がひしひしと迫っている気がします。一方で、惑星規模の気候変動を見るとこの数万年は第四間氷期と考えられてます。そちらは時間単位が大きすぎるので、まずは目の前の温暖化をなんとかしないと人類が持たないという事でしょうね。ともあれ皆さま、寒さ対策をしてお越し下さい。

わたりの川日記

 今宵(10月20日)は満月が綺麗でした。ギャラリーの定休日でちょうど中休みになり、この約一ヶ月ほどの怒濤の日々の疲れを取ろうとスーパー銭湯に行って来ました。近所の「お風呂の王様」ですけど、露天風呂で晩秋の名月を眺めながらの一時を過ごして、なかなかリフレッシュになりました。そういえば、先週金曜日の搬入のあと、カミヤさんに土星の位置を教えてもらったんだっけ。今日はどこにあるのか気がつかなかったな。明日はオリオン座流星群がみられるそうです。ピークは午前二時頃らしい。見られるかな〜。寝ちゃうかな〜。

 明日(10月21日)からは「わたりの川風見行」後半戦です。あとは最終日まで毎日在廊予定です。お待ちしております。

 

 

わたりの川日記

おはようございます。いい天気ですね〜。本日10月20日(水曜日)は、ギャラリーヒッポの定休日です。「わたりの川風見行」もお休み。お間違えなきようお願いします。

明日から日曜日まで後半スタートとなります〜。

 

わたりの川日記

 明日20日(水曜日)は、ギャラリーの定休日のため展示もお休みです。どうぞお間違えなく。

 明後日21日(木曜日)は通常通り12時から19時までとなります。21日から最終日の24日(日曜日)まで、僕は終日在廊予定です。皆さんのお越しをお待ちしております〜。

 今日も静かな画廊の一日でした。地平線通信に描いているマンガの締め切りが明日なので、画廊にiPadを持ち込み、空き時間を利用して描こうと思ったんだけど、枠線を描いたところでお客さんがいらして、結局そのまま。やっぱり待ち人をしながらではなかなか集中できないですね。 

 今朝ふと思いついて、今回の切り絵作業の名残である、色紙の切り残りを画廊に展示してみました。黒い紙を切り抜いたあと、その裏から色紙を貼付けるのですが、パーツの形に合わせて切り抜いた色紙が何だか面白くて捨てずにおいたのです。バインダーにはさんで会場に置いてあるので、ご覧下さいね。

 来客が少ない日はひとりひとりとゆっくり話ができます。今日いらした皆さんともそうでした。コロナ禍の日々、普段近所で会える人以外との会話の機会がなかなかないので、こういう場は貴重なのかもしれません。知人の整体師、カクショーさんからは、人間の体の奥深い世界についていろいろとご教示していただき面白かった。僕は西洋医学以外の医療にとても興味があり、旅先で自分で体験した事も何度かあります。そんな記憶を振り返りつつ、整体師の視線からそれはどんな行為だったのか推察してもらうのは興味深かった。和太鼓の練習時にやる体操の改良点なども教えてもらって得しちゃった。

 

 

わたりの川日記

 おはようございます。10月19日火曜日。わたりの川風見行4日目です。今日も12時開廊、19時まで、僕は終日在廊予定です。

 寒くなりましたね。今(9時半頃)はうちの近所ではちょっと雨が降っています。ギャラリー周辺はお昼頃からは曇りの予想です。ギャラリーは風を通すためにドアを明けている場合が多いです。寒さ対策に留意してお気をつけておいで下さい。

 なお、明日20日(水)はギャラリーの定休日なので展示もお休みです。念のため。

 今日はワカケホンセイインコの鋭い鳴き声で起こされました。今回の切り絵でも制作しましたが、このインコはペットから野生化したもの。今は日本の野帳図鑑にもたいてい載っています。「わたりの川」のモデルである野川周辺にもいますし、うちの近所にもよく来るんです。緑の羽毛に真っ赤なくちばしが奇麗なんだけど、声が甲高くてちょっとうるさい。最初は声だけ聞いて何の鳥かと思いましたが今はすっかりおなじみです。

 昨夜は寒かったからか、うちのネコが4匹も布団に入って来て窮屈でした〜。でもあったかいので、うちでは湯たんぽならぬネコタンポと呼んでます。皆さんも風邪をひかぬようお気をつけ下さいね〜。 

わたりの川日記

「わたりの川風見行」三日目終了しました。昨日とうって変わって晴れて気持ちのいい一日でしたが、風が冷たくなって一気に秋が深まりましたね。もう10月も後半。これが普通で、最近までの暑さの方がおかしかったんだな〜。

 今日は訪れる方が少なく、その分ひとりひとりの方とじっくりお話しできました。僕も自分の展示をじっくり見られました。今回のメインである切り絵と背景をちゃんと合体させたのは搬入の前日で、額装したものをちゃんと見る間もなくセッティングとなったので、まだ自分でゆっくり見てなかったのです。並んだ切り絵たちはいつもより色味が明るく、ちょっとアニメの原画っぽい雰囲気もあります。

 会場のモニターでは過去の作品をスライドショーでループ上映しているのですが、描いた時点から時間をあけてみると、自分でも客観的に見られるものです。”なんちゃって水墨画”やら、水彩画、アクリル画、立体など、描いた事を忘れてる作品なども見られます。我ながら、まあ少しは仕事してるなとちょっと感心しました。出来はともかくね。この映像も、相棒の丸山さんが作ってくれたものです。

 ステンドモビールをセッティングしてくれたクシマさんが夕方ごろ訪れ、モビールの支え棒を改良してくれました。モビールはショウウィンドウに飾っているのですが、支えの棒が窓から内側に突き出す構造になっているため、閉廊時には毎回外さないとカーテンが閉められないのです。それを折畳めるように改造してくれました。すごい。こういう細かい工夫を凝らす、それもなるべくお金をかけずにやるのがクシマさんの”天職”のようです。

 昨日、僕の代わりにギャラリーに詰めてくれた友人のタケダさんも夕方に来てくれました。今のところ僕より皆勤賞です。閉廊後は武田さんと一杯やって帰宅。久しぶりに外で飲みました。ギャラリーヒッポはウラハラ(裏原宿)の端っこの方にあるので、近所にはアパレル関係のお店もあり、飲食店も意外とあります。ヒッポでの僕の個展は隔年なので、やるたびに毎回少しずつお店も変わり、面白いです。このコロナ禍でも、この近所のお店はあまり閉店などもなく明けていたところが多いとヒッポのオーナーから伺いました。コロナもこのまま沈静化してくれればいいのですが、こればかりは分かりませんね。

  

お知らせ

初日(16日)に撮影した会場の写真を掲載しました。上のメニューの「会場風景」からご覧ください。

また、今回の個展のために制作した『ryo’s CUTOUTS——長野亮之介切り絵集』のページも作りました。

わたりの川日記

 おはようございます。長野です。今日はわたりの川風見行三日目。僕は12時から7時まで、終日在廊の予定です。

 昨日の雨の中おいでいただいた皆さま、ありがとうございました。僕はギャラリーに不在で失礼しました。和太鼓の演奏で朝からずっとホールにいました。演目は8曲なのですが、通し練習、リハ、本番と三回繰り返したのでかなり疲れました。中に僕がちょっと歌う一曲があるのですが、声がでなくてかすれてしまった。前日のギャラリーで一日中人と話していたからかな〜。今回の演奏は収録され、いずれYouTubeで配信される予定なのですが、撮り直したかった。アフレコできないかな。無理ですね。今年の初めにボイストレーニングを4回ほど受け、多少声が出せるようになったはずなんですが、やっぱりしばらくやってないとダメでした。あまり出来がよくない映像が残るのは残念ですが、まあそれもドキュメンタリーというものですね。。

 今日から週末までは全日在廊予定です。お待ちしています。

わたりの川日記

 おはようございます。今日はどんよりした空に雨模様。風もありますね。本日「わたりの川風見行」展2日目。開廊は12時です。閉廊は平日より少し早く17時までです。足元にお気をつけておいで下さいね。

 僕は今日だけギャラリーには行けず終日不在です。いつも個展を手伝ってくれる長年の友人であり、地平線会議の屋台骨を支えて来たタケダさんが在廊してくださるので、お気軽にいろいろお訪ねください。

 今日はこれから和太鼓の演奏をします。40歳くらいから初めてかれこれ20年以上続けてますが、毎回緊張します。特にコロナ禍になってからは練習回数が減っているのでヤバいです。今日の演奏は無観客で、演奏の模様を収録してYouTubeで流す予定。放映がいつになるかは分かりませんが。収録日程がたまたま今日に当たってしまいました。ご理解ご了承お願いします。ではでは会場をお楽しみくださいね〜。

わたりの川日記

こんにちは。長野です。本日(16日)、「わたりの川風見行」展初日、無事スタートました。ギャラリーヒッポでの展示は二年振りです。千駄ヶ谷の駅周辺は二年前とは大分様相が変わりました。初日はいつものように鳩ヶ谷神社でお参りをしてから会場へ。まだ準備が残っていたので開廊時間より大分早い9時半集合。僕は少し遅れたのですが、強力助っ人のクシマさんはすでに到着して作業を始めていました。全ての展示が整ったのは開廊時間の12時を30分ほど回った頃でしたが、なんとかギリギリ間に合った〜。高校時代の友人チノネ君を皮切りに、旧友など久しぶりの顔にたくさん出会う事ができました。おいで下さった皆さん、ありがとうございました。

 会場のギャラリーヒッポは扉の横が大きなショウウィンドウになっています。今回はそこに切り絵をフィルムに印刷したものをモビールにして飾りました。マルヤマさんがアイデアを出し、クシマさんがそれを素敵なモビールに仕立ててくれたのです。透明なフィルムに刷られた切り絵はステンドグラスのようにも見えるので、タイトルはステンドモビールとしました。お客さんにも評判がよくてホッとしました。

当日朝、展示準備をするクシマさん

 会場に飾られた写真は皆僕が撮ったものです。発色がよく、やけに奇麗なのは、撮影機として使ったiPadの性能の御蔭。ちょっと前のコンパクトデジタルカメラよりずっと性能が良くてびっくりです。

iPad Proで撮影した写真

 明日17日(日曜日)は12時〜17時までと開廊時間が短いのでお気をつけ下さい。なお、僕は所用のため明日だけギャラリーには伺えません。終日不在です。すみませんがよろしくご了承ください。。