さめざめと泣く

もう日が変わってしまったけど、昨日(9/25)ギャラリーに通勤(?)する途中、電車の中で女の人がさめざめと泣いていた。多分年の頃は20代前半。黒いサマーセーターにツータックの白いタイトスカート。目立つアクセサリーは付けていないが、左手の腕時計はブレスレット型の洒落たデザインで、その左手に持っている携帯にはハートが沢山ついたカバー。普段の彼女の携帯ライフは幸せなんだろうなーとおもわせるんだけど、その画面を見ては滂沱の涙を流しているのです。右手に握りしめたベージュ色のフェイスタオルで涙を押さえるものの、すぐに目頭には次の涙が溢れだす。携帯の画面から目を離し、窓外の風景に視線を泳がせるわずかの間は涙が止まるけど、また視線を戻した途端涙が。そんなに悲しければ見なければ良いのに、引き寄せられるようにまた携帯を凝視して、鼻水が流れるのも隠さず悲しみを噛み締めるように泣き始める。その姿に何だかすごく感動した。こんなにもストレートに泣き続ける女性の素直さと言うか、悲しみの純粋さと言うか。ピカソが「泣く女」という絵を描いているが、なるほど、泣く女は心を揺さぶる。彼女の心情とは無関係に、その姿は美しいなあと思った。それほど彼女を悲しませる携帯のメッセージは一体なんなのだろう。新宿で乗り換えるまでの20分間ほど、彼女の泣く姿に魅了された。いろいろ考えちゃった。ドラマはホントに日常の中にあるんだなー。

そんな「大事件」から始まった昨日はもう一つ「大事件」が。今回の展示作品の中に油絵が一点あります。この作品、実は僕の初めて描いた油絵。アメリカモンタナ州の友人の牧場でスケッチしたウシの絵を描いたもの。筆の感触や絵の具の混ぜ具合等、いつもと違う感触を楽しみつつ描いたもので、僕はすごく気に入っている絵です。この絵が売れた!!購入者は友人のマキちゃん。美大の油絵科出身の彼女が買ってくれたのが何とも嬉しくて。ちょうど版画家のペスカさんやスペイン語仲間のユミコさんとエミコさん姉妹など、一緒にいて気持ちのいい友人達が居合わせる場だったこともあり、とてもいい雰囲気でした。ありがとー。

会期終了まであと二日の今日(9/26)。マルヤマさんが多分徹夜をして作ってくれたDVDを受け取りにマルヤマ邸へ。マルヤマ家の愛犬クーちゃんとは相性が良く、会うのがいつも楽しみだ。しばし戯れてからブツを受け取りギャラリーヒッポへ急ぐ。口開けのお客さんは小学校時代からの友人アラトリ。今も当時のあだ名のまま呼び合っている。実は彼に送った案内ハガキは宛先不明で返って来ていた。そのまま連絡できていなかったのに、読売新聞の個展案内記事を見て来てくれたという。何ともありがたい事だ。

アラトリを皮切りに次々と懐かしい友人が訪ねてくれて、今日は懐かし旧友大会でした。締めくくりに学生時代の映画研究会の仲間達の飲み会に合流。卒業以来初めて会う先輩にも再会でき、楽しい夜でした。さて、いよいよ明日は最終日。

最終日の明日日曜日9/27は5時で終了になります。

「さめざめと泣く」への2件のフィードバック

  1. いよいよ最終日ですね。こっちは今台風が近づいていますがけっこう静かで強風域に入っているとは思えません。資料館勤務なので地平線通信をじっくりと読んでおります。中秋の名月ですが満月は見えそうもありません。ダチョウや丸山さんは今晩は月見しながら打ち上げですかね?おいしいお酒を飲んでください。落ち着いたら、ヤギのてぬぐいと、絵はがきの件よろしくね。

  2. ウソ!?作品って買えたんですか~?
    とっても好きなのがあって会期中二回もお邪魔してしまいました。「これ欲しいんだよなー。やっぱだめだろうねぇ、はぁ…。でも欲しいなー。」と小声でブツブツ駄々をこね、小1の娘になぐさめられていました。
    旅の一座オールスターズの写真、次の機会にぜひ買わせてください(長野さんに売る気があれば…、ですけど)。
    たのしい個展お疲れ様でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です